ママも一緒に勉強!留学は親子で

昔は留学するというと、生徒が単身で海外に行くのが主流でした。親元を離れ、現地の学校に数年間通学し、ホームステイや寮生活をするといったスタイルだったものです。

しかし、昨今は、親子一緒に留学するというケースが増えています。
これは、文字通り、母親や父親が子供と一緒に留学するというものです。
子供は現地の学校に通学し、その間、親も語学学校や専門学校に通学するというわけです。
あるいは、親は学校には通わず、現地の生活をのんびり楽しむということも可能です。
ボランティアやローカルのクラブに参加するという人もいます。親子留学では、子供の精神的な負担は大幅に減るのがメリットです。安全な国を選んだとしても、海外では何が起こるかわかりません。


病気や事故に巻き込まれても、すぐに飛んでいくことはできないのは、親としても不安なものでしょう。

ストレスが多いと、勉強どころではありません。

最近のAll About関連情報を解説します。

そういうメンタル面からみても、親子で留学するのはオススメです。さらに、一緒に子供と勉強するという機会が得られるのも魅力です。



一般的に、年齢が若い方が語学を習得する能力は高いと考えられています。

そのために、言語に対する何らかの予備知識がある親を、あっという間に子供が追い越すことは少なくありません。



そういう子供の成長をまじかにみることができるのも、親子一緒の喜びでもあるでしょう。

「幼いうちに、広い世界を経験させたいけれど不安だ」と感じ躊躇しているのなら、親も共に海外生活をするという方向で考えてみることをオススメします。